浴室リフォームなどの特徴やリフォームに関する疑問を紹介

HOME>Topics>浴室リフォームや屋根の防水工事を行って快適な住まいにしよう

傷みやすい水回り

水回りには浴室・洗面台・キッチン・トイレがありますが、日常生活の中で毎日使用する場所なので、汚れや水垢、カビなどで劣化もしやすい場所となっています。その中でも浴室・トイレ・キッチンの水回りリフォームを行う際の特徴などを確認していきましょう。

水回りリフォームの特徴

作業員

浴室リフォーム

浴室はユニットバスのリフォームだと、グレードによって40万〜130万円と価格帯が異なります。設備を新たに交換するだけなら、工事費は約25万円程となります。また、天井・壁・床が一式となったユニットバスとは異なる在来工法の浴室リフォームの場合は、さらに設備費や工事費用が高くなります。

トイレリフォーム

トイレリフォームの場合には、便器本体の価格がリフォーム費用の要となります。最近人気の高いタンクレストイレの場合には20万円台ですが、それよりもグレードアップしたものだと30万〜40万円となります。それに加えての工事費用は、7万円程が一般的になっています。

キッチンリフォーム

キッチン設備もグレードによって価格帯が約50万〜100万円と異なってきます。その設備本体の価格にプラス工事費用が約25万円前後かかります。施工期間としては、設備交換だけの場合だと2日ほどで完了します。

自分の住まいをより快適に

水回りの設備を新しくリフォームしていくことで、より快適に浴室やトイレを使用していくことができます。では、水回りだけでなく大切な住宅のリフォームを行う際、よく耳にする疑問に対してお答えしていきます。

住宅のリフォームに関するQ&A

男女

キッチンリフォームの時に注意することは?

キッチンリフォームをするなら、調理スペースがどれだけ確保できるのか、他の家電はどのように置いていくのかを予め考えておく必要があります。扉の開閉をする冷蔵庫やオーブンの場所をしっかり確保し、スムーズな動線を考慮しながら配置を行いましょう。

トイレリフォームである失敗とは?

トイレリフォームを検討しているなら、ショールームなどで実際に便器を下見して決めるかと思います。そこで座ってみて良かったトイレに決めたら、自宅のトイレには大きすぎて、スペースが狭くなって動きづらい、ということもあります。それを防ぐためにも、トイレットペーパーの取りやすさ、掃除のしやすさを考えて便器を選びましょう。

リフォームをするのにいい時期とは?

リフォームを行う必要性が出てくるのは、使用していて不備を感じた時や、新たに家族構成が変わる前が多いかと思います。そんな時にスムーズにリフォームを行うためにも、何かと忙しくなる年末年始、年度末は控えるようにしましょう。

浴室リフォームや屋根の防水工事を行って快適な住まいにしよう

間取り

床も補強しよう

一家団欒の場となるリビングなども、ペットを飼っていたり子どもが遊んだりすると、床材にも傷みが生じてきます。床にフロアコーティングを行うことで、傷だけでなく汚れにも強くなります。ジュースなどをこぼしたり、お絵かきなどで汚してしまった場合でも、簡単にお掃除ができるのが特徴です。

工具

塗り替える必要がないフロアコーティング

フロアコーティングを行うなら、価格は5万円からとなっているのが一般的です。一見すると高い、と思われがちですが、一回コーティングを行えば塗り替えの必要がないので、長期に渡ってきれいな状態のフロアを維持することができます。

設計図

室内だけでなく屋根もリフォームを

また、室内の水回りだけでなく、屋根からの雨漏りを防ぐ防水工事を行うことでも、住宅を長持ちさせることができます。東京でも、ビル建築に携わって経験を積んできた優良な防水工事の業者がたくさんありますので、安心して防水工事を依頼することができます。

生活を省みて最適なリフォームを

リフォームにも種類があり、設備を新しいものに入れ替えたり、劣化を防ぐために補強を行う目的で行われます。また、より住みやすい空間に変えるために間取りから変更する大がかりなリフォーム工事もあります。自分の生活の中で何が不便か、どうすればもっと住みやすくなるかを考えることによって、最適なリフォームを行うことができます。